生活の雑学~梅は三毒を断つ~

こんにちは~!kenkenです。
梅雨特有の湿度を感じる今日この頃ですが、
皆さんいかがおすごしでしょうか?

また懲りずに雑学という名の確認学についてです。笑

小さい頃はしょっぱくて塩辛いだけだった梅干し。
今となってはたまに食べないと気が済まない梅干し。
「梅は三毒(食毒・血毒・水毒)を断つ」という言葉が
平安時代からあるそうで、強い抗菌作用を持ち合わせています。

f4f0ee5196a0a92273253b380f0a0abe_s

「梅は三毒を断つ」

梅干しの主な栄養成分

梅干しは皆さんご存知の通り、梅を塩で漬けたものです。
その梅干しには、クエン酸、タンパク質、脂質、鉄、ビタミンA、
ビタミンC、食物繊維、カリウム、ナトリウムが含まれているとのことです。
本来の効果を得るには、良く売られている甘かったりするものより、
昔ながらの天然塩で漬けた梅干しが良さそうです。

疲労回復作用

梅干しには、レモン、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類の
すっぱさの基となっている「クエン酸」が含まれています。

クエン酸には疲れの原因となる「乳酸」を抑える効果があります。
クエン酸は、体内で食べ物を分解し、エネルギーを生み出してくれます。
梅干しが疲労を回復してくれるという素晴らしい効果が得られます。

96697eefe27f5cba1a999817ce1164e4_s
強い抗菌作用

梅干しは万病の薬とも比喩されています。
食あたり、風邪、頭痛から、コレラ菌にも効くほどの
強い殺菌作用と、菌の増殖を抑える静菌作用があるそうです。

口臭の原因になる雑菌も抑えてくれるそうです。
想像するだけでも唾液が出るくらいで、
唾液中のリゾチームが口の中の雑菌を退治してくれるとのことです。

古くから伝わる伝統には、それだけの効果や性能の裏付けがあるんですね。

まさに灯台下暗しな梅干しの凄さを、皆さんと共有出来たら幸いです。

それではまた!


先生インタビュー 家庭教師のやりがいや魅力をだるまの先生の生の声とともにご紹介します。