ベルマークを必死になって集めていた謎が解けた!

こんにちは、だるま運営スタッフのあんどうです。

さて、今回は「ベルマーク」について調査してみました。
みなさん、覚えてますか?ベルマーク。懐かしいですよね・・・。
41DMK8F6NPL
私も幼少期、必死になって集めていました。
でもあれ、なんのためだったんですかね?
特になにか引き換えて豪華賞品をもらえた覚えはありません。。

ベルマークといえば「ショウワノート」そうみなさんお馴染み 「ジャポニカ学習帳」が連想されます。
frontCover_img
とても良いデザインですよね、このノートに新調した時は(した時だけは)
私も「さあこれで黒板まるうつしするぞ〜!」と勉強に燃えていた記憶があります。

少し前にこんな記事もありましたが、、
時代ですかね、私は敢えてかっこいいカブトムシの表紙を選んでいました。

ベルマーク、今でもあるのかなぁ?なんて時々気になっていたのですが、 俄然あります。
ありまくりです。むしろハイテク化している一面もありました。

ベルマークって結局なに?という方のためにまず仕組みを簡単に。

「自分たちの学校づくり」と「お友達への教育援助」。ベルマーク運動には、2つの機能があります。自分たちの学校のためにマークを集めることが、自然にへき地学校や開発途上国のお友達の役にも立つ仕組みなのです。「協賛会社」が商品に付けているマークを登録参加のPTAや公民館などが集め、整理・計算して財団に送ると1点が1円に換算されてベルマーク預金になります。 その預金で、自分たちの学校に必要な設備・教材が「協力会社」から購入できます。すると、その購入金額の10%が自動的にベルマーク財団に寄付され、さまざまな教育援助活動に使われます。
(ベルマーク教育助成財団サイト参照)

つまりベルマーク運動は、PTAなどのボランティアで生み出された資金(ベルマーク預金)で
学校の設備や教材をそろえ、さらに国の内外でハンディを背負いながら
学んでいる子どもたちに援助の手を差し伸べ、 マーク集めから始まるだれでも
気軽に参加できるボランティア、ということです。

今回は難しいことは置いておいて、ベルマークを集めると結局どんないいことがあるのか!?
ということに焦点をあててみます。

まず、このベルマーク、意識してみると実に様々な商品についています。
協賛している会社およそ60社の2000種類の商品はこちら
こうやってみてみると、チョコボールやマヨネーズなんかは当時も知っていましたが
「チキンラーメンや雪見大福、プリンタのインクにまでついてんの?!」
意外と気付かずに捨ててしまっている商品もあり驚きました。

そしてベルマークの還元のされ方ですが、基本的には、
各家庭で集めたベルマークを学校に持ち寄り、
PTA等によって仕分けされたものを財団に送付されます。
そこで1点が1円に換算されて学校のベルマーク預金になり、
学校の備品購入の充実などに充てられるという仕組みなんですね。

このマークがどんなものに変わっているかというと・・・
例えば

・黒板ふきクリーナー
・鉛筆削り
・掃除機
・サッカーなどのボール類
・一輪車や集会用テント

などがあります。へ〜そうなんだ!!!

学校で集めているもので個人では換金できないので、
直接的に「このベルマークで商品がもらえた〜!」という
記憶はそりゃあないわけですよね。

でも実はベルマークのおかげで学校の備品の充実などに還元され
子どもたちに
とってはとても有り難い存在だったんです。

「なんだじゃあ結局個人で集めても意味ないのか」と思ってしまったあなた!
すみません。そんなことはありません、ベルマークは学校単位での運用のみならず、
「誰でも気軽に出来るボランティア」として個人でも気軽に参加可能となります。

最近は、個人や企業単位でマークや使用済みインクカートリッジを集めて
近くの運動参加校などに届けたり、ベルマーク財団に直接送ったりするケースも
増えているようで、地域の郵便局やスーパーなどでベルマーク回収ボックスがあることも多数。

そして何をかくそうベルマークのハイテク化、というのはまさにそう、
平成25年よりインターネット取引を利用した「ウェブベルマーク運動」も開始され、
ネット通販などでも取組みが始まっていました!(サイトが素敵)

ウェブベルマークとは、『だれでも無理なく続けられる新しい社会貢献活動』として
被災地の子どもたちが通う学校支援という目的に特化した素晴らしい活動なんです!

協賛しているサイト(楽天やYahoo!ショッピング) で買い物をすると、
購入金額に応じて一定額が被災した小中学校の支援にあてられるというものなんです。
時代は進化していますね!

最後に。1960年からはじまったこのベルマーク運動、今では全国28,000校以上の
PTA(幼稚園・保育所(園)・小学校・中学校・高等学校等)、大学、公民館などが参加し、
「すべての子どもたちの教育のために」という理念のもと、
支えあいの心を尊重した大切な取り組みなんですね。

ベルマークでなにがもらえるんだ?なんてちっぽけな発想を
してしまった自分をせめつつ(すみません・・・)
このような取り組みがずっと続いていること、
「豊かな環境のなかで教育をうけさせたい」という願いが日常の中にも
沢山溢れていることに感動してしまいました。

というわけでみなさん、この素晴らしい運動をもう一度ふまえ、
あの頃のようにベルマークを集めまくってみましょう!!


先生インタビュー 家庭教師のやりがいや魅力をだるまの先生の生の声とともにご紹介します。