食事から集中力を上げよう!勉強効率アップのおすすめレシピ

こんにちは、さなです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

 

秋晴れが続いて、気持ちいい日々ですね!

 

そしてそして、11月にはいったらいよいよスキー・スノボーシーズンです!

暑いから運動が嫌い…という人も、スキーやスノボーなら涼しい気持ちになりながら運動できちゃいます!

b2430ecdd2cc9ba6edf2ecfe1958ee3f_s

 

たまには雪山で体を動かしてみるのもいいかもしれませんね(*˘︶˘*)

 

さてさて、「スキーに行っている暇なんてないよ!」という、受験生や学生の皆様……

集中力や記憶力をあげて、効率よく勉強をし、息抜きも勉強も楽しんでしまいましょう!!

 

ということで本日は勉強効率アップのための食事レシピを紹介します\\\٩( ‘ω’ )و ///


 

マグロのピカタ

02009uw

①まぐろの両面に塩、こしょう、ガーリックパウダーを振り、小麦粉をまぶす。
マッシュルームは2〜3mm厚さに切る。ホールトマトはつぶしておく。

②ボウルに卵を溶きほぐし、粉チーズやスパイスを加えて混ぜる。

③マグロを②にからめ、マッシュルームと一緒に焼く。

④ホールトマトを使ってソースを作る。

 

詳しくはこちら!第一三共株式会社eヘルシーレシピ「マグロのピカタ」

→マグロに多く含まれているDHAIPA記憶促進物質として脳に補給され、情報伝達に重要な役割を果たしています!

 

たたき大豆のおやき

07940uw

①大豆をビニール袋に入れてめん棒でたたき、粗くつぶす。調味料類を入れてよく混ぜ合わせる。好きな大きさの薄い丸形に整える。

②小麦粉で生地を作る。熱したフライパンに大豆のおやきを入れて、上から生地をかけ、しっかり焼く。
器に盛り、大根おろしと青ねぎを添え、ぽん酢醤油、七味唐辛子をつけて完成。

 

詳しくはこちら!第一三共株式会社eヘルシーレシピ「たたき大豆のおやき」

→大豆に多く含まれるレシチン脳の神経伝達物質の合成に欠かせない物質、と言われています!
体内に入るとアセチルコリンという名前に変わり、記憶力や、集中力アップ、そして脳の活性化が期待できるんです(-^0^)人(^0^-)

 

 

鶏肉の変わり揚げ

toriniku

①鶏肉を一口サイズに切って、しょうゆ、酒をふって下味をつけ、10分置く。

②卵白を溶きほぐし、かたくり粉を加えてよく混ぜる。

③すべての鶏肉に②をつけ、白ゴマ、黒ゴマ、粗くつぶしたコーンフレークと3種のころもをまぶす。

④170度に熱した油に鶏肉を入れて3分くらい揚げる。焦げ付かないように注意!

⑤盛り付ける。カレー粉少々を加えた塩やケチャップを添えても◎

 

詳しくはこちら!女子栄養大学 受験生応援サイト「鶏肉の変わり揚げ」

→鶏肉に多く含まれるたんぱく質には脳の働きに大切な、神経伝達物質としてのアミノ酸が多く含まれています!
ゴマにはイライラ防止B1B6という物質や、体を守ってくれる抗酸化作用のあるゴマリグナンという物質も含まれているんです!

 

 

 

ちなみに、飲み物部門からはコーヒー紅茶など、カフェインの入っているものが良さそうです◎
(私も受験期の冬はよくカフェオレを飲みながら勉強していました(*´艸`*))

 

最近、カフェイン過多が問題になっていますが、コーヒーなどであれば一度に大量に飲まなければカフェイン中毒の心配は少ないですよ!

 

一方で、あまりに寝る直前にカフェインを摂ってしまうと、寝れなくなってしまい次の日の朝痛い目を見ることも…
カフェイン補給は、寝る前3時間までにしておくことをオススメします笑


 

いかがでしたか?

 

体の内側から勉強効率アップするためにはやっぱり食事から気を使うのが近道です!

集中力や記憶力をアップさせて、脳の働きを活性化させ、効率よく勉強に取り組みましょう(9`・ω・)9

 

それでは(ヾ(´・ω・`)


先生インタビュー 家庭教師のやりがいや魅力をだるまの先生の生の声とともにご紹介します。