青森産ニンニクと中国産の違い

みなさん、こんばんは。

おひさしぶりです。今のところフレンズの中ではプレーリードッグを推しています「くまやん」です。

そんな要らない情報は置いといて本題へ

にんにく

みなさん、ニンニクって料理で結構使いますよね?

疲労回復だけでなく代謝を良くしたりと健康食のKINGです。

先日、今日はガーリックシュリンプでも作ろうかな~とか思いながら近所のダエーに寄ってニンニクを探していたところ

今までお世話になっていた「中国産ニンニク」が売ってないんです。

過去のわたしは3房で100円とだいぶリーズナブルな価格についつい中国産を選んでおりました。

店員さんに聞いてみると、「青森産ニンニク」しか取り扱っていないとのこと。

なんてことだ!!!??

「青森産ニンニク」って響きがオシャレに感じたので「青森産ニンニク」を意図的に多用しております。

青森産ニンニク」を持ったまま、数秒今月の食費のシミュレーション。

ニンニクの値段によって崩壊しそうな我が家の財布。

しかしここは、大人の意地です。

涙と鼻水を垂らしながら1房300円近い「青森産ニンニク」を握りしめレジに並びました。

そして家に帰り、キッチンで青森産ニンニクをみじん切りにしてる時に気付いちゃったんです。

その違いに。

中国産ニンニクに比べて「青森産ニンニク」は、香り、粘り、身のつまり、粒の大きさ、重さが圧倒的!!

ねっとりとしてみずみずしいニンニクにうっとりしてしまいました。

食べて見ても味の差は歴然です。

青森産ニンニクは少量でもパンチのある辛みと香り。すんごいんです。

今後はできる限り、国産の食材を選んで日本の活性化に少しでも貢献できたらなぁと思っております。

青森産ニンニクと中国産ニンニクの違いを感じたことない人は是非、一度お試しください。

ガーリックシュリンプ

==========================================

昔は動物の写真を撮りに良く上野動物園に行っていたのですが
最近ご無沙汰しているのでソロソロいきたいなぁなんて思っております。

昔撮ったハシビロコウちゃん。

hashibirokou

フレンズになってもかわいいですね。


先生インタビュー 家庭教師のやりがいや魅力をだるまの先生の生の声とともにご紹介します。