EQ指導とは

だるま独自のEQ指導で勉強だけでなく心も育てる

お子様の進路やお悩みに対して親御様からアドバイスが出来ていますか?
あっという間に大人になっていき、思春期は親御さんと上手く話せない時期がくるものだと思います。

学ぶ環境や勉強のやり方が変われば、平均点以上は必ず取れます。
だるまでは勉強の指導に加え、EQ(心の知能指数)を鍛える指導を取り入れることで、学力だけでなく人間性や対人関係、将来しっかりとした目的をもてる力を身に付けることが出来ます。家族以外の大人と話すだけでも、考え方が広がっていく感性を持つお子様もいらっしゃいます。

また、指導にあたる先生に加え、学習方法や学校についての悩みから思春期ならではのお悩みなど、何でもご相談にのってくれる学習アドバイザーが家庭訪問や進路相談を行なっておりますので、親御様のサポート体制も万全です。

これからの社会において、EQ、SQ(かかわりの知能指数)は重要な指数となっていきます。

だるまならではのEQ講師陣のバックアップ体制で、学習面・人間性ともに成長していくお子様を見守っていきましょう。

だるまの先生には心の指導もお願いしています!

会員様より嬉しい声を多数頂いております。

  • 内容を理解しているかどうかは表情に現れると思うので、生徒の顔をみながら指導します。
    <先生:小田先生 生徒:中学2年生>

  • 生徒さんがわからないときに、すぐわからないといえるような距離を心掛ける。何を言おうとしているか聞くこと。そこから、どこがわかっていないかを適切にみつけること。
    <先生:杉田先生 生徒:中学1年生>

  • 教えすぎず自分でとけるように誘導して自信をつけさせること!自ら取り組めるようにアドバイスし褒めて伸ばすこと!また、できないことを決して叱らない。
    <先生:あや先生 生徒:小学5年生>

  • 生徒さんの気持ちを尊重して指導する。わからないことを一方的に教えるのではなく対話形式とし、本人に納得のいく授業を心掛ける。
    <先生:大森先生 生徒:中学2年生>

  • アンパンマンネタなど生徒さんの関心を引けるものをフル活用!また、インパクトが大事なので部屋にあるものはぬいぐるみや枕など、何でも使います。
    <先生:しゅんくん先生 生徒:小学4年生>

  • まずは生徒さんのペースをつかむ。そして生徒さんの性格に合わせながらやる気を引き出すようにします。担当していた引きこもりの生徒さん(小学生)が大学生になったときは嬉しかったです!
    <先生:ハッシー先生 生徒:小学6年生>

  • ちょっとしたことでも褒めてあげ、否定的なことは言わない。また、「どうして?」「なんで?」を考えさせることで本当に理解しているかを見極める。
    <先生:西田先生 生徒:中学2年生>

  • 勉強のこともそれ以外の子とも悩みがあれば解決出来るよう全力をつくします!
    <先生:まっつん先生 生徒:小学6年生>

  • 上から目線ではなく子供たちの立場にたったうえで共有意識を持って取り組む。教えていることを理解できなくても短気を決して起こさず相手の気持ちになって励ます。
    <先生:湯澤先生 生徒:中学2年生>

  • 生徒が自分の意見を言えるような雰囲気づくりをする。小学生であればクイズ形式、中学生であれば個人に合わせて指導など生徒の学年やレベルに併せて指導する。
    <先生:中村先生 生徒:中学1年生>

かけがえのない先生と出会えます。

だるまにはお子様の人間性も磨いてくれる先生がたくさんいます。勉強だけではなく感性を磨くことや継続する力を身につけること、達成する喜びの大事さを、楽しみながら学んでいきませんか?